GrasPPの就職状況

今回は東京大学公共政策教育部の就職事情についてです。

かなり気になる事項ではあるものの、いくつかの関連ブログを回っても欲しい情報がなかったため、記事として執筆することにしました。

大まかな状況について

2018年度の修了者概況より、具体的な企業名も把握できるようになっています。

www.pp.u-tokyo.ac.jp

 

GrasPPの修了生の例年の動向は以下の通りです。

・官公庁(地方も含め):3割から4割程度

・金融 or コンサル業界(シンクタンクも含め):3割から4割程度

・IT業界関係:2割程度

・商社・エネルギー業界:1割未満

 

という形になっています。

やはり官公庁就職の割合は東大の中でもダントツに高く、

2017年度大学院修了者の就職先としては法学政治学研究科は10%ほどなのに対して、

おおよそ25%もあったそうです。

 

もちろん、もともと官公庁を目指す人々が入学されるところでもあるので当然ではあるのですが、

授業内容についても官公庁の実務家の方々から教わることも、一緒にプロジェクトを進めることも多く、さらに官庁訪問の面接のノウハウについてもゆるやかに出回っていたりするので、そうした側面も寄与していると思われます。

 

特に国家公務員を目指されている方々、特に官公庁にそのまま行くよりももう少し政治経済法の学習を深めたいと考えていらっしゃる方にとっては理想的な環境といえます。

 

2017年度修了者について

私自身は2017年度入学であまり詳細を知るところではないのですが、

友人へのヒヤリングおよび情報提供などもあり、以下の状況になっていたようでした。

 

業界 企業名 人数
官公庁 外務省 1
  環境省 1
  経産省 2
  内閣府 2
  防衛省 1
IT業界 Google 1
  日本Microsoft 1
  Amazon Japan 1
  楽天 1
コンサル業界 アクセンチュア 1
  アビーム 1
  シグマクシス 1
  みずほ情報総研 2
  KPMG 1
  PwC 3
金融業界 BlackRock 1
  JBIC 1
  三井住友銀行 1
  三菱UFJ銀行 1
  日本生命 1
  日本政策投資銀行 1

 

※上記の情報はあくまで筆者の周囲からのヒヤリングに基づいているため、修了者数と大きく乖離があります。

 

まとめ

官公庁・金融・コンサル(シンクタンク)がほとんどを占めている現状ではありますが、最近はNGONPOへ進路をとる方に加えて、ベンチャー企業に入社しバリバリ活躍されている方も非常に多くいらっしゃいます。

 

こうした進路を目指される方はもちろんのこと、

ベンチャー企業への就職を希望される方や、NPO法人でのマネジメントをより多角的な視点から見てみたい方々にとっても非常に有意義な場所になるかと思われます。

 

以上です。

 

学習計画書について

今回は東京大学公共政策教育部(以下GrasPP)の院試情報についてです。

 

悩む方が多い学習計画書の書き方および面接について記載します。

 

学習計画書とは ーその位置づけー

大学院では主に『研究計画書』を提出させるところが多いのですが、GrasPPでも同様に『学習計画書』なるものの提出が求められます。

 

この学習計画書について頭を悩ませている方も多いと思われます。特に

 

「研究計画書と何が違うんだ...??」

というものや

「ほかの人はどういうものを書いているんだ...??」

というご相談をよくお受けしました。

 

この『学習計画書』の位置づけなのですが、筆者の経験から申し上げると、

面接のネタになるエントリーシートのようなもの

という印象でした。

 

学習計画書の内容だけで落とされたり、大きく減点されたりといった話はあまり聞いたことがなく、単純に二次の面接においてコミュニケーションをとるための材料の一つとして考慮されると思われます。

 

実際にどう書くか

実際に私が書いた学習計画書は以下のような構成になっています。

 

①:将来的なキャリア設計や携わりたい仕事内容について

②:学部時代どのような研究・活動を行ってきたか

③:どのような問題関心を持ったか

④:①と③はどのように関連しているか

⑤:③を大学院でどのように深めていくか(留学希望の有無)

⑥:GrasPPでなくてはならない理由と身に着けたいスキル

⑦:それを①にどのように生かしていくか

 

基本的に大学院への進学を志望される方については、これらの内容を明確かつ簡潔に、アレンジしながら書くことについては問題ないと思われます。

しかしながらやはり不安も残るかと思われますので、

できれば現在所属している大学の指導教官または社会科学系の教官の方に見てもらいましょう。

※オフィスアワーであれば基本的に歓迎してくれると思われますのが、礼儀やマナーはきっちりしましょうね...!!

学習計画書を書いた後には

学習計画書は面接の対策を行うために、必ずコピーを取っておきましょう。

二次の面接において、GrasPPの面接官の手元にはあなたの学習計画書があります。そこから質問が飛んできます。

素っ頓狂な質問が飛んできたということは同期の間でも聞いたことはないので、基本的に学習計画書に沿った内容の質問が聞かれます。

 

これは私がしていた対策方法ですが、

友人に自分の学習計画書を見てもらい、気になったポイントについて質問してもらいます。

ex.

Q:なぜ専攻を変えて大学院に進学したいのか

Q:経済研究科でない理由は?

Q:GrasPPで学びたいことを具体的に

Q:現在の研究内容

Q:公務員試験について

Q:なぜGrasPPなのか

Q:関心を持っている政策の問題点とは

Q:海外への関心

 

他者が気になるポイントは必ず面接官も気になります。そこについてある程度納得感がある答えをはきはきと答えられるように入念な準備を行っておきましょう!

 

 

 

 

運営方針と自己紹介

本ブログの説明

初めまして。

筆者は学部では人文学徒で、大学院において経済政策を学んでいます。

このブログでは

  1. 公共政策大学院の院試
  2. 公共政策大学院で学べる事
  3. 経済学の勉強について
  4. 就職活動の体験記
  5. 経済政策および景気動向に関する学習

を主軸として執筆していきます。

 

①公共政策大学院の院試

東京大学公共政策教育部の情報が中心となります。

 

www.pp.u-tokyo.ac.jp

筆者は経済学(ミクロ経済学マクロ経済学)での受験でした。

実は当初は経済政策と言われてもあまりピンとこず、さらに学外活動では国際関係系の学生団体に所属していたこともあって、国際関係や法学系で受けようとしてました。

ただ私は非社会科学系だったため

 

どのように答案を作成すべきなのか

どこが合っていてどこで減点されそうなのか

さらには

基本書からどういう形で答案に吐き出せばいいのか(公務員試験のそれとは違うのか)

 

といったところが全く見当もつかず、途方に暮れていました。

一方で、過去問などを参照してもらえればわかる通り、経済学については計算問題や正誤説明問題が主体となっており、かなり答えやすい構成になっています。

そこで受験科目を急きょ変更し、経済学での受験を決めました。

私のように、非社会科学系からこうした公共政策大学院に進学を希望する方は、適性などを鑑みて経済学で受験するのがオススメです。

学習計画書や口述試験(面接)については後日追記します。

 

②公共政策大学院で学べる事

GrasPPの授業や大学院の雰囲気、就職先などについて

ご存知の通り、公共政策大学院では法学と政治学、経済学をまたぐ科目が数多くあります。

詳細についてはリンク先の授業科目をご覧いただければ把握できると思われますが、

 

※2019年度授業科目

 

英語で開講される科目も数多く、留学生とディスカッションしながら進める授業なども用意されています。ちなみに経済政策コースの方々はコアコースが英語で開講されるため、TOEFL対策には十分時間をかけておいて損はありません...!

 

また、GrasPPにはSTIG(Science,Technology,and Innovation,Governance)プログラムというものがあり、工学系を専攻する学生と協働したプロジェクトなんかにも参加することができます。

 

stig.pp.u-tokyo.ac.jp

 

③経済学の勉強について

筆者は経済研究科は受験しておらず、経済学に関する知見については公務員試験レベルにとどまるため、浅学菲才の身でありながら経済学についての記事を執筆するのもお恥ずかしい限りではあるのですが、

経済学の勉強をしていて「これってどういうことだ?」ということが度々あったため、自分の備忘録も兼ねて、公共政策大学院の院試レベルまでの経済学について少しずつ記事を追加していきます。

特に人文学系から目指される方にとっては、数学の復習から勉強をスタートさせるため、適切かつ分かりやすい参考書、また学習のモチベーションを上げる書籍の紹介なども同時に行えればと思います。

 

④就職活動の体験記

このカテゴリについては、GrasPP全体の状況と、自身の体験談も含めて記事を執筆します。

ちょうど6月1日に面接が解禁され、無事に就職活動を終えることができました。

秋口から就活を開始したのですが、結果的に金融3社、コンサル3社、デベ2社の合計8社からオファーを頂くことができました。

もちろんこれは世間の景気動向に救われた側面が非常に大きいのですが、自身の就活についての自信(面接やGDに関する方法論の確立)や

留学生、友人の就活サポートを行い、確かな実績を重ねてきた経験から、記事としてまとめる価値があると判断しました。 

 

GrasPP全体の就職先については、GrasPPウェブサイトで公表されているものはかなりざっくりとしたものですが、先輩などへのヒヤリングを通じて後日記事としてまとめます。

 

⑤経済政策および景気動向に関する学習

現在経済政策について学習しているということもあり、日夜ニュースを騒がせている経済政策についての解説に加えて、これからの景気動向についての分析記事を執筆予定です。

いわゆるエコノミスト的な分析になると思うのですが、本ブログでの分析の特徴としては

・就職活動に関連づけた分析を行う

という点です。

特に私自身、将来像と景気動向について分析を重ねつつ就職先を決めたこともあり、こうしたノウハウについて記事としてまとめておき、後輩が就職先を決める判断軸の一つとしてお役に立てればと思っています。

特に理系の方々の就活相談では、

日本のメーカーが凋落していく中で、

どういった企業が今後業績を伸ばしていきそうなのかを

経済学や政府統計データから分析する方法論に関するニーズが小さくないと感じました。

私の学習成果のアウトプットが、こうした悩んでいる方々の意思決定に資することができれば望外の喜びです。

 

現在の段階では定期的に毎週日曜日の更新を予定しています。

今後ともよろしくお願いします。

 

経済猿